コレステロール 高い 原因

コレステロールには、総コレステロール、LDL、中性脂肪、HDLと

4つのコレステロールがあります。


    4つのコレステロールの高い原因には

    、共通する原因

    、4つのコレステロールの特有の原因

     この2種類があります。


スポンサーリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━



まずは4つコレステロールに共通する原因を把握してから、

自分が高いコレステロールの、特有の原因を理解していく事が大切です。


それでは動脈硬化学会が定める、コレステロールの基準値をご覧頂き、

どのコレステロールが高いか確認しておきましょう。

日本動脈硬化学会 基準値 総コレステロール LDL 中性脂肪 HDL
基準値 200 未満 120 未満 150 未満 40~
境界域 220 未満 140 未満
要治療 220~ 140~ 150~ 40 未満

スポンサーリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━



コレステロールが高い原因
共通の原因



4つのコレステロールが高い原因として、

以下の3つが共通していると考えられています。

    共通の原因
  • 食生活
  • 生活習慣
  • 病気や遺伝

食生活

コレステロールの多い食品や体内でコレステロールを生成してしまう食品

こういった種類の食べ物ばかり食べていると、

4つのコレステロールは高い傾向になります。

多い食品と生成する食品はこれ!


生活習慣

運動習慣がない、睡眠時間がバラバラ、

ストレスが多い、喫煙やアルコールなど・・

こういった生活習慣の乱れが、

コレステロールが高い、共通した原因になると言われています。


病気や遺伝

糖尿病、甲状腺疾患などの持病が原因で、

コレステロールが高い方や

稀に遺伝性の脂質異常症を発病してる方もいます。


スポンサーリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━



コレステロールが高い原因
特有の原因



特有の原因コレステロールが高い原因には、特有の原因も存在します。


思い当たる節があれば、

共通の原因と一緒に、すぐに生活の改善を実施しましょう。


コレステロールの高い共通の原因特有の原因理解する事で、

きっとあなたのコレステロールも基準値へと近づいていくと思います。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ